英語で花でも愛でましょう

東京の桜の開花が宣言されてから、早くも10日あまり。

うちのまわりでは今が見ごろな感じですが、あまりゆっくり見れておらず今週末までもつことを祈るばかり。

途中寒い日もありましたが、皆さまのご近所の桜はいかがでしょうか。

 

なんだか明るいニュースがなくて、桜の咲き具合もあまりメディアに出てこないですが💦

お花見もおもてなし英会話クラスでは当然テーマの1つです。

他の国にはない文化なので、英訳の正解はないのでしょうが

よく使われるのは cherry blossom viewing ですね。

飲み食いする人も多いので、picnic を付けるとより雰囲気が想像できます。

 

あと、桜の咲き具合を説明するのに

満開は full bloom なので、その状態の中にあるということで

The cherry blossoms are in full bloom now. という感じでしょうか。

bloom は木に咲く花の花弁のことなので、複数形で言います(別にどうでもいいですが)

このへんはご存知の方もいらっしゃるのではと思いますが、

じゃあ五分咲きなど、その程度を表わすにはどうしましょうか?

五分咲きなら in half bloom でOK。半分ですから簡単ですね。( half in bloom という人もいます)

じゃあ三分咲きは?

これは1/3と表現しますが、英語ではone-third。

分数の場合、分母は序数(first、second)で、分子・分母の順で言います。

なので三分咲きなら in one-third bloom。

こんなところで数字の言い方を覚えられたりします。

 

春はお花の季節ですから、お散歩ついでに花の英語名を確認してみてはいかがでしょうか。

菜の花はもう終わってしまいましたが、英語では canola flower (油ですね)

タンポポは dandelion、芝桜はmoss phlox

あと、ワスレナグサは scorpion grasses、でも別名は forget-me-nots、日本語と同じです。

こんな状態だからこそ

少しでもきれいなもの、すてきなものを見つける心で居たいものです。